2012年4月5日木曜日

涼宮ハルヒ可愛すぎてワロタwwww




1 :風吹けば名無し:2012/04/05(木) 06:09:45.72 ID:oTQYPRS7


となりの佐々木もぐう可愛い


s1

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/05(木) 23:58:00.04 ID:Fd7XeICC0

「解ったからちょっと待ってろ」
 ニャー! なんか適当にあしらわれた気がするニャ!


s2


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/05(木) 23:59:28.65 ID:pR+5bXqk0




これはカワユス



36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/06(金) 00:01:02.61 ID:Lad31gsa0



かわいい





53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/06(金) 23:51:59.63 ID:1DMIUDed0

 全くヒドイ話ニャ! 長老、聞いて欲しいニャ……ニャ?
 長老がいないニャ。 一体どこ行ったニャ?


s3


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/07(土) 23:58:59.98 ID:99x+bq0X0

 長老ニャ。こんなとこにいたニャ。餅を喉に詰まらせてお陀仏かと思って心配したニャ。
「ふむ……お主の口の悪さも相変わらずじゃのう」
 長老も元気そうでなによりニャ。それにしてもモフモフなのニャ。どうかしたのニャ?
「なに大したことではない。少々、南方の島に立ち寄って色々話を聞いてきたぐらいじゃよ」
 南の島ニャ……面白そうニャ。


s4


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/08(日) 23:59:05.02 ID:NP/LnU7B0

「面白いなんてものではないぞ、南の島には竜がおってな……」
 ニャ! 竜ならこの前に会ったことあるニャ。やっぱり面白そうニャ。 


s5


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/09(月) 23:57:00.05 ID:B/3HUjDz0

「お主は話を最後まで聞かんのう。竜は確かにおったが、今は逃げ出してもうおらんのじゃ」
 逃げちゃったのニャ。つまんないニャ……あ、有希ニャ! 


s6


136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/10(火) 23:55:00.55 ID:/19Z6gZ60

 ニャ! 長老の言ってた南の島の竜を有希は知ってるのニャ! 凄いニャ!
「その竜に関する話の本を持っている」
 その本読みたいニャ。今から有希の家に行ってもいいニャ?
「いい」
 やったニャ! 善は急げニャ! レッツゴーなのニャ! 


s7


156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/11(水) 23:43:00.49 ID:QItRYHtT0

 これ児童文学なのニャ。お子ちゃま向けニャ。あたしには幼稚っぽい気がするニャ。
「……そう」

 ………
 ……
 …

 これ凄く面白いニャ! あたしもこんな冒険してみたいニャ!
「……そう」


s8


179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/12(木) 23:39:00.45 ID:coL7y8LB0

 有希の本、面白かったニャ。あたしも冒険に備えて荷物を準備しておくニャ。
 ……ニャー! またボッシュートに落とされたニャ! 展開に困るといつもこのパターン使うの酷いニャ!


s9


196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/13(金) 23:54:59.88 ID:uEwaz56E0

 ここ何処ニャ? 薄暗いし、さっきから揺れてるニャ。
 ニャ? リュックサックが落ちてるニャ。
 中身を見てみるニャ……本で読んだのと同じニャ! 一体どういうことニャ?


s10


226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/14(土) 23:57:59.69 ID:4cftbq2y0

 ニャ、誰か来るニャ。隠れるニャ。
「おい、誰かいるのか?」
「にゃ〜ん」
「何だ猫か。この前のエレベータだかエスカレータだかいう子供がまた密航してるかと思ったぜ」

 ……ニャ、間違いないニャ。あの荷物はあの子のニャ。見つかって船から連れ出されちゃったのニャ。


s11


245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/15(日) 23:57:59.69 ID:ru125/mz0

 本で読んだのと同じように『麦袋』に偽装したら、きっとバレて捕まっちゃうニャ。
 ここは船内のにゃんこ連中に協力してもらうニャ。

 ………
 ……
 …

「――おい」
「何だ? サボってないでキリキリ運べ」
「なあ……あの箱、妙じゃないか?」
「はっ? ただの『めかぶ』の箱じゃないか」
「いや、箱はともかく――その、猫が」
「にゃ〜ん」
「おいおい、『めかぶ』の箱には猫は付き物だろうが。ホレ、そっち持て」
「……ああ(どうも腑に落ちないんだぜ)」


s12


259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/16(月) 23:52:59.95 ID:7Jhf+5Jd0

 みかん島上陸成功ニャ。目的のどうぶつ島には夜の間にぴょんぴょこ岩から渡るのニャ。
 まずはリュックにみかんを沢山詰めるニャ。三十一個も入れるニャ。
 このリュック、まるで○次元ポケットみたいだけどきっと気にしちゃいけないニャ。
 入ったニャ……みかんばっかりで飽きそうニャ。プリン島かコロッケ島か焼き芋島に来たかったニャ。


s13


275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/17(火) 23:43:59.77 ID:U/YIGjfg0

 暗い間にぴょんぴょこ岩を伝ってどうぶつ島に渡るニャ!
 ……ニャー! そういえば眠ってるクジラが岩の間にいるの忘れてたニャ!


s14


301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/18(水) 23:44:00.06 ID:bumNpfbL0

 どうぶつ島になんとか上陸ニャ。凄いジャングルなのニャ。
 そういえば食べたみかんの皮をちゃんと片付けないと忍び込んだのがバレちゃうニャ。
 みかんの皮は嫌いだけど仕方ないニャ。


s15


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/19(木) 23:50:00.84 ID:eb2X4KiY0

 とにかく川を探すニャ。海岸線沿いにジャングルを迂回すればいいはずニャ。
 ジャングルの動物たちに見つからないように急ぐニャ。


s16


340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/20(金) 23:00:01.43 ID:gJe1kmHj0

 何かが来るニャ! 急いで隠れるニャ!


「近頃、この島に忍び込んだねこがいるらしい。あやしい奴かも知れん。侵入者は早く見つけ出さねばならん」
「少しばかり、むきになり過ぎてはおらんかね? ねこの類は以前にもこの島に来ておったろう。それに人間ならともかく、たかがねこ一匹ではないか」
「そうかも知れん。だが用心するに越したことはないぞ。俺はもう少し見回りを続ける」
「ああ、そちらは任せた。俺はぴょんぴょこ岩の方を調べてみるぞ」


 ヤバいニャ。あたしが来たことがバレてるニャ。
 でも隠密行動は完璧だったハズなのニャ。一体いつの間に見つかったのニャ?


s17


362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/21(土) 23:51:30.90 ID:DM5MftAZ0

 視界の悪いジャングルが続くニャ。足元が悪くて転びそうニャ。
 川の上流を目指すニャ。うっかりすると迷子になりそうニャ。


s18


393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/22(日) 23:56:59.82 ID:EubK+/YL0

 何かが来るニャ。……囲まれたニャ! とりあえず目の前の空き地に出るニャ。
 ニャー! トラだったのニャ! 結構ピンチなのニャ!


s20


414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/23(月) 22:22:59.73 ID:DGHaMoGo0

 お、お前らなんか全然怖くないニャ! 全員まとめてバターにしてやるニャ! かかって来いニャ!
「一体何のことだ? それよりも早くアレを寄越せ」
 アレって何のことニャ?
「決まってるだろう、コーヒー味のチューインガムだ! さあ、今すぐ渡せ」
 ニャ……そういえば本に書いてたのニャ。でもコーヒー味? そこまで書いてなかったニャ。
 確かリュックの中にあったニャ……大人しくこれでも喰ってろニャ!
「おおっ! ガムだ! コーヒー味のガムだ!」
「どけ! 俺様に寄越せ!」
「邪魔だ邪魔だ! 俺が先だ!」
「うひょー、ガム旨ぇ! これはたまらん」
「早くガムを緑色にするんだ。地面に植えたら沢山実がなるんだぞ〜」
「かゆい……うま……」
「あは〜いい気持ちだ〜〜〜ちにゃ!」

 ……こいつらまるでヤ○中ニャ。どこぞのボストン・テリアもビックリなのニャ。
 とにかく、ここからさっさと離れるに越したことはないニャ……抜き足差し足ニャ。


s21


436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/24(火) 23:26:59.81 ID:Y4SwPVZq0

 ニャ! 曲がり角の先で何か待ち伏せしてるニャ。
 ……あのイノシシなのニャ。ネズミもいるニャ。
 でも、緊急事態とはいえ、長靴で木登りなんてするもんじゃないニャ。


s22


460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/25(水) 22:19:00.25 ID:2+Nrca/s0

 喉乾いたニャ。でも川の水は濁った泥水で飲めないし困ったニャ。
 ……水の音がするニャ。湧き水ニャ! 助かったニャ!


s23



482 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/01/26(木) 23:50:59.81 ID:6UdjrJS50

 ニャ? そこに誰かいるのニャ?
「お前こそ誰だ? 俺様の泣きべそ用のプールで何をしている?」
 ニャー! しまったニャ! この泉はサイが出るの忘れてたニャ。


s24



500 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/01/27(金) 22:26:59.75 ID:075R8NW10

 ニャー! 早く下ろせニャ! さっさとその汚い角をどけろニャ!
「何だと? やっぱりお前も俺様の角が汚いと思うのか……シクシク、おーいおい! お前を泉に沈めて俺様も死ぬ!」
 突然物騒なこと言いながら泣き出しちゃったニャ。こら、男の子が簡単に涙をこぼすんじゃないニャ! しっかりしろニャ!
 ……そうニャ、いい考えがあるニャ。ちょっとその角をこっちに向けるニャ。
「グスグス……何をするつもりだ?」
 確かリュックに歯ブラシと歯磨きが入ってるニャ。これで角を磨けば……ほら、綺麗になったニャ。
「おお、これは素晴らしい。おい、もっときれいに磨け。お前を泉に沈めるのはその後だ」
 話が違うニャ。本ではこいつが自分で磨いて、その隙に逃げ出せるはずだったのニャ。このままだとヤバいニャ。

 …
 ……
 ………

 終わったニャ。これで磨き残しはもう無いニャ……ニャ?
「…………」
 寝ちゃったニャ。きっと角磨きがあんまり気持ちいいから居眠りしちゃったのニャ。
 とにかくチャンス到来ニャ。目を覚ます前に遠くに離れるニャ。


s25



526 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/01/28(土) 23:56:00.20 ID:liDUjuri0

 ジャングルの中に道が出来てるニャ。ここを進めば楽チンなのニャ。
 あそこの空き地でちょっと休憩するニャ


s26



543 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/01/29(日) 23:25:00.06 ID:LR8A9zxl0

 ニャ……正面の藪からものすごい殺気がするニャ。何者かか隠れてるニャ。
「お前を喰ってやる! (「・ω・)「 がおー!」
 ニャー! ライオンが出てきたニャ!


s27



560 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/01/30(月) 23:22:59.96 ID:M7WOmf7y0

「痛たたた、ちょっとタンマ!」
 ニャ! ライオンのたてがみに棘の生えた枝が絡み付いてるニャ。
「チクショウ! 自慢のたてがみがクシャクシャだ。このままじゃ母ちゃんに怒られちまうよ。おいお前。黙って見てないで何とかしやがれ」
 そんなこと言われても、ここにはドライヤーも蒸しタオルも無いニャ。仕方ないニャ。とりあえず三つ編みにして癖毛を誤魔化すニャ。
「おお、ありがとう心の友よ。ちょっと泉に行って顔を映してくる」
 それはよかったニャ。というわけでバイバイなのニャ。


s28



575 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/01/31(火) 23:20:59.94 ID:bTt31+dp0 

十字路に出たニャ。案内板があるニャ。竜の渡し場は向こうなのニャ。
 ニャ? 誰か来るニャ。とにかく隠れるニャ。
「全くあの子ったら……手伝いサボって遊んでるなんてお仕置きだわ」
 多分さっきのライオンのお母さんニャ。あの調子だと結局怒られるに違いないニャ。


s29



588 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/02/01(水) 23:29:59.97 ID:NFLmvuyH0 

ここが竜の渡し場ニャ。でも竜はいないニャ。今は向こう岸にいるのニャ?
「お前、一体誰だ?」
 ニャー! しまったニャ。でっかいゴリラに捕まったニャ!
「お前、あやしいネコ。竜の『はね』捻じったみたいに、尻尾、捻じってやろうか?」


s30



613 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/02/02(木) 23:30:59.79 ID:jZo0EWtw0

「か、かゆい! ちくしょう、ノミめ! おい、サルども、出てこい! 俺の身体のノミ、捕まえろ!」
「あっちだ」
「いやそっちだ」
「中々見つからないよ」
「早くしろ! ……おいネコ、お前も何とかしろ!」
 ニャ、そんなこと言われてもこっちにノミが飛び移ってきたらイヤなのニャ。
 そうニャ! リュックの中に虫眼鏡が六個あるニャ。お猿さんたち、これを使えばいいニャ。
「これはいい、よく見えるぞ」
「どれどれ?」
「僕にも貸せよ」
「ウッキー!」
「こら、サルども。俺の上で、喧嘩するな。前、見えないぞ!」

 取り込み中なのニャ。あたしはそろそろお暇するニャ。バイバイなのニャ。


s31



631 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/02/03(金) 23:30:00.06 ID:o/wXenPm0 

さて、向こう岸に渡るにはどうすればいいニャ? まさか泳いで渡るわけにも……。
「おいネコ! 何か旨いモノをくれ! 何ならお前を喰ってもいいんだぞ!」
 ニャ! ワニがいるニャ。やっぱり川の中は危険なのニャ。


s32



652 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/02/04(土) 23:30:00.21 ID:chqaEvX+0 

そうニャ! リュックに『○ュッパ○ャップス』があるニャ。
 最初のワニさんは川岸に一本挿すからそれを嘗めるニャ。
「おお、これは旨い、旨いぞー!」
 食べてる間に背中を失礼するニャ。濡らさないように尻尾の先を持ち上げるのニャ。
「うまうま、このぐらい持ち上げればいいのか?」
 OKニャ。ここに次の『○ュッパ○ャップス』を括り付けるニャ。次のワニさんはこれを嘗めればいいニャ。

「次は俺だ! おお、旨い旨い!」
 順番に次のワニさんも同じように尻尾にも同じように括り付けるニャ。次は誰ニャ?
「おい、俺だ! 早くしろー!」

 ………
 ……
 …

 ワニの背中伝いに川を渡れたニャ。余計なこと言って『因幡の白ウサギ』にならないようにさっさと立ち去るニャ。



s33



672 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/02/05(日) 23:46:00.16 ID:ED3WPXDN0
 
川の向こう岸に着いたのニャ。竜がいるニャ!
「ねこさん、どうか僕を助けてください!」


s34



688 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/02/06(月) 23:30:00.30 ID:tcYdIvNx0

「早く、早く! イノシシたちがワニの背中を渡ってきますよ!」
 ニャー、このロープ頑丈ニャ。中々切れないニャ。


s35



707 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/02/07(火) 23:30:00.17 ID:laAxqqY80 

ニャ?! こんなロープ、引き千切ってやるニャ! 火事場のねこ力ニャ!
 ……ニャ? 本当に切れたニャ。ついてるニャ。

「こらワニ! 何処に行くんだ? 橋を壊すな!」
「だってもうキャンディ喰い終わっちまったし」
「もっとチューインガムを寄越せー!」
「見てくれ! 俺様の角は宇宙一の美しさ!」
「おーれーはライオン! 百?獣?王?♪」
「こらタ○シ! 帰ったらお仕置きだよ」
「おいネコ! よくも、俺たち、騙したな! 許さん!」
「ウッキー!」

 ニャ! 追っ手の動物たちは川の上で大混乱ニャ。今の内にどうぶつ島を脱出するニャ。
「はい、はい! 何処へ参りましょう?」
 とりあえず、みかん島に向かうニャ! いざ、出発ニャ!


s36



733 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/02/08(水) 23:42:00.35 ID:get3ykfB0

 みかん島に到着ニャ。とりあえず今夜はここで一休みするニャ。
「お腹が空きました。何か食べ物はないですか?」
 ここはみかん島だからみかんしかないニャ。
「もぐもぐ……ぺっぺっ、うわあっ、まずいまずい!」
 ……困ったニャ。仕方ないニャ。みかんの皮を食べてみるニャ?
「もぐもぐもぐ……うんうん! 、これはうまい!」
 よかったニャ。あたしはみかんの皮が嫌いだからちょうどいいニャ。


s37



749 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/02/09(木) 23:54:00.16 ID:gKOjLhJW0

 さあ出発ニャ! お家に帰るニャ!
「ところで、僕はどっちに行けばいいんでしょう?」
 ニャ……解んないニャ。
 カモメさん、カモメさん。日本はどっちの方角ニャ?
「ああネコさん。日本なら確かあっちの方だよ」
 ありがとうニャ。コンパスでも確認したニャ。今度こそ出発ニャ。


s38



767 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/02/10(金) 23:35:00.13 ID:stbRhBRf0

 当面の食料を調達ニャ。みかんを六十九個確保するニャ。
 ところでこのリュックサック、まるで某未来産ネコ型ロボットのポケットみたいニャ。
「では、お乗りくださーい!」
 それじゃ、今度こそ日本に出発ニャ!


s39



787 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/02/11(土) 23:37:00.22 ID:48WT6Nwx0

「下の方に小さな岩が見えるよ」
 ニャ……あの上でちょっと休憩ニャ。みかんでも食べるニャ。
「もぐもぐ」
 生暖かい風が吹いてきたニャ。気のせいか雲行きも怪しくなってきたニャ。
「どうしよう? ここでしばらく様子を見ましょうか?」
 さっさと出発した方がいいニャ。時化になるとこんな岩なんかあっという間に水没ニャ。


s40



820 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/02/12(日) 23:30:00.30 ID:m+/sxYIy0

 ニャ! 雨が降ってきたニャ。風も急に強くなったニャ。大嵐ニャ!
「雨は嫌いだよ。翼が濡れると上手く飛べないんだ」
 しっかりするニャ! 風に流されて全然違う方向に飛んでるニャ!


s41



835 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/02/13(月) 22:07:00.31 ID:rWokfnHQ0

 ニャー! どんどん高度が下がってるニャ!
「雷は苦手だよう……もう限界、翼も重くて動かないし……目が回る」
 失速してるニャ! このままだと墜落するニャー!


s42



864 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/02/14(火) 23:21:00.10 ID:17ANVZ180

 ばしゃあん!
「……ああ、助かった! 丁度砂の上だ!」
 偶然浅瀬の上に落ちたのニャ。運が良かったニャ。
「でも深さは僕の膝上まであるから降りない方がいいよ」
 そうニャ……あたりは真っ暗でよく見えないニャ。
「ねえ、だんだん水嵩が上がって来てる気がするよ」
 きっと潮が満ちて来てるニャ。マズイかも知れないニャ。


s43



884 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/02/15(水) 23:20:00.23 ID:k37ycBp/0

 引き潮ニャ! 助かったニャ。
 砂州の向こうに島が見えるニャ。行ってみるニャ
「ダメだよ。一晩海に浸かったままだったから身体が固まって動けないんだ」
 しっかりするニャ。○ュッパ○ャップスを食べて元気出すニャ。


s44




904 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/02/16(木) 23:23:00.18 ID:VC8mpkA60

 しっかりするニャ。もう一本○ュッパ○ャップスあげるから食べるニャ。
 男の子は簡単に泣いたりしないモノなのニャ。
「うう……ありがとう。きみは本当に優しいなあ」
 食べ終わったら柔軟体操ニャ。なんとか身体を動くようにするニャ!
 さっさと浅瀬を伝ってあそこの島に上陸ニャ。


s45



924 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/02/17(金) 23:31:00.36 ID:glVlNbAZ0

 これは酷いニャ。カチコチに固まってるニャ。
「痛い、痛い」
 もうちょっとだけ我慢するニャ。ストレッチは焦らずゆっくりが肝心ニャ。


s46



966 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/02/19(日) 23:50:00.16 ID:phtl/Gao0

 いきなり崖登りは危なっかしいニャ。
 ……梯子があるニャ! もしかしてこの島には誰か人が住んでるニャ?


s47



995 : 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/02/20(月) 23:36:00.28 ID:qVui3hFQ0

 崖の上の松林は明らかに人の手が加わってるニャ。
 それにこの丘もまるでリンゴ畑みたいニャ。
 でも変なのニャ。誰かが暮らしてるような雰囲気が全く残ってないニャ。
 何か落ちてるニャ……これはバケツなのニャ。やっぱりこの島には人間がいたニャ!


s48


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/02/21(火) 23:20:00.00 ID:sZFlYxQk0

 小川を辿ると湿地に出たニャ。
 『クサソテツ』と『ザゼンソウ』が生えてるニャ。竜が言ってたのはこれのハズなのニャ。
 それにしても『ザゼンソウ』は臭いが酷いニャ。まさにスカンク並ニャ。
 見た目も『3メートルの宇宙人』みたいでグロいニャ。


s49


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/02/22(水) 23:00:01.22 ID:Xn60XvQu0

 おーいニャ! 起きるニャ! 食べ物と飲み水を持ってきたニャ!
「……むにゃむにゃ……ああ、よく寝た。やあ、どうもありがとう」
 でもバケツを持って梯子を下りられないニャ。
「それもそうだね。じゃあ、こっちから崖の上まで飛んでいくよ」
 もう飛べるニャ? あんまり無理しちゃダメなのニャ。


s50


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/02/23(木) 23:49:00.18 ID:lCoPLz3b0

「旨い、旨い! ああ、やっと一息ついたよ」
 さて、これからどうするか考えどころニャ。島の周りには陸の影も見えないニャ。


s51


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/02/24(金) 23:31:00.32 ID:+xuf0ZGh0

 ニャ! 後ろの松林から誰か助けを求める声が聞こえたような気がするニャ。
 ここで待っててニャ。ちょっと確かめてくるニャ。
「解ったよ。気を付けて行ってらっしゃい」


s52


134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/02/25(土) 23:51:00.21 ID:yNDFerV90

「誰か助けてー!」
 ニャ! カナリヤがヘビに襲われてピンチなのニャ! 危険が危ないニャ!


s53


168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/02/26(日) 23:54:00.10 ID:WJrhAKbI0

 喰らえニャ! ねこねこ流星落としニャ!
 何処へなりとも逃げるがいいニャ。正義は勝つのニャ。


s54


195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/02/27(月) 23:38:00.20 ID:4A1HRV7A0

 しっかりするニャ! 傷は浅いニャ!
「……ううん……あれ、何ともないですよ。別にどこも怪我してないですし」
 良かったニャ。とりあえず一安心ニャ。
「助けて頂いてありがとうございます。――あなたはネコのハルヒさんですね?」
 ニャ! なんであたしのこと知ってるのニャ?


s55


227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/02/28(火) 23:43:59.85 ID:oVT6BlWq0

「以前に親友のツバメから聞いたことがあります。恐ろしい大蛇を追い払い雛を守り抜いた勇敢なネコの話を」
 ニャ……そ、そんなこともあったかも知れないニャ。別に大したことないニャ。
(本当はただのアオダイショウを追っ払っただけニャ。話に尾鰭が付き過ぎなのニャ)


s56


248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/02/29(水) 23:54:00.29 ID:lOAPcS+c0

「そういえば自己紹介がまだでした。わたしはカナリヤのフルートと申します。どうかお見知り置きを」
 よろしくニャ! それからこの竜はどうぶつ島で助けたのニャ。
「やあ、どうぞよろしく」
「わっ……そ、その竜って、カナリヤを食べませんか?」
「まさか! 果物と野菜と○ュッパ○ャップスしか食べませんよ」
 とっても大人しい竜だから安心するニャ。


s57


279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/01(木) 23:46:00.44 ID:YF06coHE0

 ところでフルートに質問ニャ。この島には誰か人は住んでるのニャ?
「昔は住んでたみたいですが、もう今はカナリヤしかいませんよ」
 やっぱりそうニャ。ということはこの島は無人島ならぬ『カナリヤ島』ニャ。
「……実はハルヒさんにお願いしたいことがあります。わたし達の王様に会っていただけませんか?」
 カナリヤにも王様がいるのニャ?
「はい、カナリヤ王の『カン十一世』はこの島に初めて住んだカナリヤの末裔なのです」
 なんだか話が大きくなってきた気がするニャ。


s58


304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/02(金) 23:30:00.07 ID:D7G/Z4WI0

「初代の王『カン一世』とそのお妃はこの島に人間と共に渡ってきたそうです」
 そうだったのニャ。リンゴ畑と松林とバケツの謎が解けたニャ。
「ところが島の人間はある日突然カン一世と王妃を残してこの島を去ってしまったのです」
 ヒドイ話ニャ! 身勝手にも程があるニャ!
「一世は、島を訪れた渡り鳥を伝手に、各地で鳥かごから逃げ出したカナリヤを島に召集した、と言い伝えられています」
 なるほどニャ。それでこの島が『カナリヤ島』になったのニャ。


s59


325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/03(土) 23:40:00.18 ID:2RNIbTD40

「やがて数多くのカナリヤがこの島で暮らすようになってもカン一世は元気を無くしたままだったのです」
 もしかして病気だったのニャ?
「ええ。この島で流行っている『知りたがりの病』です」
 ニャ? 『知りたがりの病』……そんな病気聞いたことないニャ。竜は知ってるニャ?
「僕も聞いたことないよ」
「心配した他のカナリヤたちが一世に
『王様、如何あそばしたのですか?』
 とお伺いしたところ
『わしは、知りたくて、知りたくて、死にそうじゃ』
 とお答えになったそうです。それを聞いた他のカナリヤたちも王様が知りたがっていることを知りたくなってしまったのです」
 カン一世がなにを知りたがってたのか、他に誰か聞いてないのニャ?
「御子息であられる一番上の王子以外には誰にも秘密を明かしていないのです。そして年老いた一世はそのままお亡くなりになったのです」
 じゃあ一番上の王子は知ってたにゃ?
「でも、その王子――後のカン二世も『知りたがり病』に罹り、ご自身の王子意外にそれを明かすことなく……」
 一世の時と同じニャ。みんな口が堅いのニャ。
「結局、後継の第一王子が代々それを受け継いで現在のカン十一世に至るわけです。そのカン十一世も病に罹り『死にそうだ』と仰せです」
 それで島にいる他のカナリヤもその秘密を知りたくて『知りたがり病』なのニャ。でも一体全体なにをそんなに知りたがってるニャ?
「ああ、ハルヒさん。もしかしてあなたも『知りたがり病』に罹り始めたのでは?」


s60


345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/04(日) 22:08:59.98 ID:rggFdDbc0

「とにかく、そんなわけで今では島中のカナリヤが『知りたがり病』に罹っているのですよ」
 ニャ……あたしが思うに治療法はきっと簡単なことなのニャ。とにかく王様に会って訊いてみるニャ。
「本当ですか? それはありがたいです。カン十一世は島で一番大きな木にいらっしゃいます」
「……ねえ、あっちからスカンクキャベツの匂いがするんだけど、食べてきていいかな?」
 じゃあ、あたしたちは王様に会ってくるから、竜はゆっくり食事してくるといいニャ。


s61


368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/05(月) 23:24:00.04 ID:/aGcd2aF0

「女王さま、フルートにございます。この島に参りましたわたしの友達を王様にお目通り願いたいのでございますが」
「なんと、風変りではあるが猫ではないか。王様の身にもしものことがあれば一大事」
「ご心配は無用にてございます。かの猫はかつてツバメの国でも噂された英雄のハルヒ様」
「なるほど、確か大蛇の軍勢を退け、ツバメの国に平和をもたらした勇敢な戦士と聞き及んでおる」
「王様のご病気を治癒するための手助けになればと申しております」
「ふむ、左様とあらば王様もお会いになるやもしれぬ。妾が伺って参る故、其方はここで待たれよ」

 ……なにやら色々ややこしい話をしてるニャ。それにしても、武勇伝も大袈裟になり過ぎるのは考え物ニャ。


s62


394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/06(火) 23:44:00.14 ID:WD3YppYe0

 王様に会う前になって緊張してきたニャ。待ち時間の間に体をほぐすニャ。
 『回転ねこねこストレッチ』をするニャ。フルートも一緒にやるニャ。
「難しいですね。……こうですか?」
 違うニャ! もっとこう……、
「お待たせいたしました。王様は直ちにお越しになります。それにしても驚きです。ご自分から進んで誰かにお会いなさるとは……」
 ニャー! 思ってたより早かったのニャ。微妙に間が悪いニャ。


s64


419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/07(水) 23:51:00.29 ID:QvQIjtgU0

「わしがカナリア島の王、カン十一世である!」
 あたしはハルヒと申しますニャ。お会いできて光栄なのニャ。
「王妃にフルートは下がって良いぞ。ご苦労であった」
「承知いたしました。では私どもはしばらく外します」

「して、わしの病を治す手立てを、ネコ勇者殿は知っておるそうじゃな。申してみよ」


s65


443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/08(木) 23:52:00.46 ID:EwrKqt3f0

 簡単なことニャ。王族に伝わる秘密を洗いざらいあたしに教えるニャ。そうすれば『知りたがり病』なんて治っちゃうニャ。
「だが、それはできぬ相談だな。何せ、代々の王にのみ伝えられ続けた秘密であるのだぞ」
 ニャー、案外頑固な王様にゃ。でも、このままだと話は平行線のままニャ。


s66


466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/09(金) 23:40:00.08 ID:WNp77lIM0

 解ったニャ。教えてくれないのならもういいニャ。でも、そっちがそのつもりならあたしにも考えがあるニャ。
「ほう、どのような考えがあるというのか? 申してみよ」
 この前、王妃にも内緒でこっそり若いカナリヤ娘をナンパしてたのを、島中のみんなにバラしてやるニャ!
「な……そ、其方がどうしてそのことを知っておるのだ?」
 さあ、どうするニャ? 代々の秘密を明かすなら別にあたしは黙ってても構わないニャ。
「くっ――よ、よかろう。特別に秘密を話そうではないか。その代り、王妃にはくれぐれも内緒に……」
 交渉成立ニャ! 最初から素直に打ち明けてくれたら、こんな真似はしなかったのニャ。
(本当は適当にカマ掛けたらビンゴだったニャ。まあ、結果オーライ、例え王様でも脛に疵の一つぐらいあるのニャ)


s67


489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/10(土) 23:33:00.22 ID:a8SxWDBp0

「では、其方にだけ、王家の秘密を打ち明けるとしよう。だが他の誰にも漏らしてはならんぞ」
 大丈夫ニャ。問題ないニャ。
「ああ、ついに秘密を他言してしまう日がこようとは……十一代続いてきたしきたりを、このわしが破ってしまう、この苦しみが其方に解るか?」
 解ってるニャ。でも安心するニャ。きっとご先祖の王様たちも理解してくれるニャ。
「左様かのう? では、いよいよ話そう。その秘密は――その秘密は――その秘密は――おお、やはり無理じゃ、まだ気持ちの整理がつかぬ」
 ニャー! 散々引っ張ってそのオチはないニャ!
「こんな陽の高い時間からとても秘密を漏らすことはできぬわ。済まぬが、日没とともに再度ここに参られよ。総てはその時に話そう」
 本当ニャ? バックレたりしたら承知しないニャ。
「うむ、勿論じゃ。王に二言はない。約束しよう……おお、代々の王よ、どうかわしを許したまえ」

「ああ、御客人。王の様子は如何でしたか?」
 あたしに秘密を教えてくれるって約束なのニャ。日が暮れたらまた会うことになってるニャ。それで『知りたがり病』も治るニャ。
「左様でございますか。本当に感謝の言葉もございませぬ……ではフルートよ、それまで御客人にこの島をご案内して差し上げ……」
 いいニャ、いいニャ、あたしはちょっと竜の様子をみてくるからお気遣いは無用ニャ。
「それなら、わたしもそれにご一緒しましょう」
 じゃあ、とりあえず泉に行ってくるニャ。


s68


514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/11(日) 23:39:59.98 ID:02U2aqLP0

 竜、こんなところにいたのニャ。その辺に生えてたクサソテツとザゼンソウが殆ど無くなってるニャ。
「どうだった? 王様の病気は治りそう?」
 日が暮れたらもう一度会うことになってるニャ。待ち遠しいニャ。
 とりあえず、太陽が早く沈むようにイメトレでもするニャ。地球の自転をスピードアップさせるのニャ。
「凄いや。気のせいかも知れないけど、何だか時間が早く進んでるみたいだねえ」


s69


529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/12(月) 23:56:00.08 ID:ELZxUZJv0

「日が暮れましたよ! 王様にお目にかかる時間ですよ」
 ニャ! うっかり居眠りしてたニャ。早速王様のところに行くニャ。
「僕も行ってもいいかな?」
 せっかくだからみんなで行くニャ。フルートもついて来るニャ。


s70


548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/13(火) 23:30:00.21 ID:vaOLvz8c0

 また来たニャ! 日が沈んだら秘密を聞かせてもらう約束ニャ!
「トホホ、仕方ないのう。……ところで、そこにおるのは何モノじゃ?」
 ああ、この子は竜ニャ。どうぶつ島で捕えられてたのをあたしが助けたニャ。その代りに日本まであたしを乗せて飛んで行ってもらうニャ。
「えへん――その、わしは竜は嫌いじゃ」
「大丈夫ですよ、王様。すぐに友達になれますよ」
「フルートは黙っておれ。わしが嫌いだと言ったら嫌いなのじゃ」
「……やっぱり、僕、あっちに行ってた方がいいのかな」


s71


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/14(水) 23:43:00.01 ID:4SZ3//gx0

 ニャ……ひょっとして王様は竜のことが怖いニャ? 食べられちゃうかも知れないって思ってるニャ。
「ば、馬鹿なことを申すな! わしは竜など平気じゃ! 別に怖がってなどおらぬ!」
 だったら一緒にいても平気なのニャ。……もしかして本当に恐ろしくてビビってるニャ。
「違うと言っておろうが! よ、よかろう。その竜が同席することを許可する。特別にな」
 やったニャ! 一緒にいてもいいって言ってるニャ! こっち来るニャ。
 せっかくだからフルートも一緒にいてもいいニャ。どうせあたしに話したら秘密じゃなくなるのニャ。
「むぅ……じゃが、確かに其方のいうことも道理じゃな。フルートもこちらに参れ!」


s72


593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/15(木) 23:30:00.23 ID:hkU2zs9s0

「宝じゃ!」
 ニャ? そんなモノがこの島にはあるのニャ?
「そうじゃ。かつてこの島におった人間が宝を埋めるのをカン一世が見ておったのじゃ」
 凄いニャ! ところで、それは一体どんなお宝ニャ?
「わしが知りたいのは、まさにそれなのじゃよ。初代王も何が入っておるかまでは確認出来なかった、とのこと」


s73


603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/16(金) 23:54:00.03 ID:uP2p6ZGF0
「人間たちが宝箱を埋めるのに使ったシャベルはそこの岩の下に隠されておる」
 ニャ! 本当ニャ、こんなところにあったなんて気付かなかったニャ。
「宝箱は『松の幹からシャベルで四本、岩に向かって一直線』と伝わっておる」
 そこに埋まってるのニャ。早速掘り出すニャ!
「ついに何もかも話してしまったのう……しかし、王妃よ。わしは今、実に清々しい気分じゃ」
「ああ、ようやく『知りたがり病』から解放される時が来たのですね」


s74


615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/17(土) 23:30:00.30 ID:yS/5E9H+0

 ひたすら穴掘りニャ。普段なら重労働は雑用係に……くじけないニャ! 気を取り直して掘り進むニャ。

 ………
 ……
 …

 全然見つかる気配無いニャ。本当にここで合ってるのニャ? もう六時間は掘ってるニャ!

 ………
 ……
 …

 ――ニャ? 手応えありニャ! 何か固い金属のが埋まってるニャ。きっと宝箱ニャ。
 って、月が雲に隠れてあたりが真っ暗で何も見えないニャ。おーい、誰かニャ! 見つかったニャ!
 ……返事がないニャ。酷いニャ、みんな寝ちゃったのニャ。


s75


639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/18(日) 23:30:00.14 ID:tuR9aNvX0

「やあ、ごめんごめん。いつの間にか眠ってたんだ」
「して、宝箱は何処じゃ?」
 ここにあるニャ! でも重くて運び出せないニャ。竜も手伝うニャ!
「うーん、首の筋肉が攣りそうだよ」
 気合ニャ! 火事場のねこねこ一千万パワーで踏ん張るニャ!


s76


655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/19(月) 23:06:00.28 ID:yT1//3Ml0

 やっと宝箱を外に引っ張り出したニャ。予想以上に苦戦したのニャ。
「もうクタクタだよう……ちょっと休憩」
「おお、ご苦労であった。そして、これが初代王が人間から奪取した黄金の鍵じゃ!」


s77


675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/20(火) 23:48:59.99 ID:wtbnfEGO0

 鍵が開いたニャ! ……一番上に何かあるニャ。多分目録なのニャ。読んでみるニャ。
 この箱はオリバー・ヒンクルって人が残していったのニャ。
 ヒンクルさんが戻ってこなかったら発見した人の財産になるって書いてるニャ!
 ……中身についても書いてるのニャ。
 ピューター合金の皿が十二枚と同じ合金のコップが六個ニャ。
 純銀製のテーブルセット十二組……これは盗まれちゃったから入ってないらしいニャ。
 それから鉄のフライパン一個と蓋付きの鉄鍋が二個、コーヒーミルが一個ニャ。

「食器ばかりではないか。わしらカナリヤにとってはガラクタ同然じゃな」

 いいから最後まで読ませるニャ! えーと、塩と砂糖が一缶ずつニャ。
 斧が一本に火口箱が一つニャ。
 種が五袋……カボチャ、トウモロコシ、キャベツ、麦、キビの種みたいニャ。
 金時計一個と鎖――奥さんのセーラって人の時計らしいニャ。
 純銀のハーモニカ――これも黒マントの男に盗まれたって書いてるニャ。
 ……黒マント? なにか引っかかるけど思い出せないニャ。まあいいニャ。
 金貨六袋とウクレレが一つニャ。……これで全部ニャ。


s78


703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/21(水) 23:51:00.13 ID:I0Y4WYDG0

「うぉっほん! それでは其方達には今回の功績を称えて宝の一部を授与する」
 ニャ? これ本当に貰っていいのニャ?
「猫勇者殿には金貨三袋とウクレレを与える。また勇敢な竜よ、其方は金時計と鎖を受け取るがよい」
「自分では見えないけど、この鎖は素敵な付け心地だね」


s79


717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/22(木) 23:39:00.16 ID:hkdIR5v/0

「一息入れたら、またお腹が空いてきたねえ。そうだ! みんなでお祝いに何か食べようよ」
「じゃが、わしらカナリヤは……実はお祝いなどしたことなかったんじゃ。一体何を食べればいいのかの?」
 みかんならまだ残ってるニャ。せっかくだからみんなで食べればいいニャ! 踊れニャ! 騒げニャ!
 あたしもウクレレで弾き語りするニャ!

『大好〜きなヒトが遠〜い♪ 遠すぎて泣きたくなるニャ〜♪』

 ………
 ……
 …

 さあ、みんなも一緒に歌うニャ!
『ニンゲン〜なんてニャニャ〜ニャ〜ニャニャニャニャ〜〜ニャ〜〜♪』


s80


736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/23(金) 23:53:00.04 ID:nm8AUa6S0

 そろそろお暇するニャ。楽しかったニャ。
「其方達には大いに世話になった。改めて礼を言わせてもらう」
 そうニャ、金貨数枚を残してお宝は戻しておいたニャ。
「うむ、土を被せるのはわしらだけでも大丈夫じゃ」
 じゃ、そろそろ出発するニャ。さよならニャ。
「では、わたしが代表して崖のところまでお付き合いしましょう」


s81


748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/24(土) 23:44:00.21 ID:JnaGUzZS0

 そういえばガムと輪ゴムが余ってるんだけど、せっかくだからフルートにあげるニャ。
「どうもありがとう。ハルヒさんには色々お世話になりました」
 それじゃ、この島ともお別れニャ。日本に向かって出発ニャ!
「落っこちないように気を付けてね。それっ!」


s82


762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/25(日) 22:06:00.06 ID:BFjrtFJa0

 速いニャ! この調子なら今日中に到着かも知れないニャ。

 ………
 ……
 …

「あっ、前方に陸地が見えてきたよ」
 日本ニャ! もう少しで日没ニャ。闇に紛れて誰にも見つからないように着陸するニャ!


s83


783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/26(月) 23:25:00.27 ID:ZEvTX7NQ0

 無事に駅の近くの公園まで辿り着いたのニャ。誰にも見つからなくて一安心ニャ。

 すごく楽しかったニャ。でも、そろそろお別れの時間ニャ。名残惜しいけど仕方ないニャ。
「僕は、ハルヒさんがどうぶつ島まで助けに来てくれたことを絶対忘れないよ。本当に……ありがとう」
 ――ニャ! 湿っぽくなるのは好きじゃないニャ。生きていればいつかきっとまた会えるのニャ!
「そうだ、記念に僕が貰った金時計をハルヒさんにあげるよ。どうせ自分では見られないし、そもそも時計の読み方を知らないんだ」
 じゃあ、あたしが預かっておくニャ。で、なにか代わりに何か欲しいものはあるニャ?
「そうだねえ……あの美味しい○ュッパ○ャップスは残ってるの?」
 あるニャ。四本も残ってるけど、いっぺんに食べるニャ?
「うん、うん……じゃあ頂きます」


s84


800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/27(火) 23:28:00.57 ID:8u4mNHH80

 ところで、ここから何処に行くつもりニャ?
「家族の元に帰ることにするよ。空色高原の高い高い山に住んでるんだ」
 空色高原ニャ……あたしもその内遊びに行ってもいいニャ?
「そのときは家族のみんなを紹介するよ――あっ、そっちで物音がしたよ!」
 誰か来るニャ! 見つからない内に逃げるニャ! あたしが囮になって誤魔化すニャ!
「うん、解った。さようなら、さようなら……」
 ニャー! あたしならここにいるニャ! 逃げも隠れもしないニャー! 相手になってやるニャ!


s85


816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/28(水) 23:38:59.88 ID:2QHm2AD40

 ニャ? 急に体が宙に浮いたのニャ!
 ――ニャー! 吸い込まれるニャー! これじゃまるで逆ボッシュートなのニャー!


s86


838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/29(木) 23:39:02.85 ID:st6m0Rnq0

 ………
 ……
 …

「――ヒ、おい――」
 ニャー! 空に落っこちるニャー! もうダメなのニャー!
「おいハルヒ! いつまで寝惚けてるつもりだ?」
 ……ニャ? どうしてキョンがここにいるニャ? って、変なとこ掴むなニャ! 今すぐ離せニャー!
「やれやれ。喚いてばかりいないで、少しは落ち着け」


s87



859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/30(金) 23:12:00.05 ID:9WjSyiP40

 ――ニャ? リュックが無くなってるニャ! 長靴も、ウクレレも、金貨も、時計も何処行ったニャ! キョン、知らないニャ?
「はあ? 一体何の話だ? 訳の解らんこと言っとらんで、さっさと帰るぞ」
 待つニャ! そんな筈ないニャ! 今すぐに探すのニャ!


s100


874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/31(土) 23:28:59.93 ID:X3WdXg6U0

 ――ニャ? あれは……竜が食べた○ュッパ○ャップスの包み紙ニャ!
 キョン、見るニャ! これが証拠ニャ!
「うん? 何だ、ゴミなら自分でゴミ箱に捨ててこい」
 違うニャ! そういうこと言ってるんじゃないニャ!


s101


892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/04/01(日) 23:57:00.03 ID:kuZvmNYd0

 あたしは南の島で竜を助けたニャ! ここまで背中に乗って飛んできたニャ!
「ああ、そうか。解った解った。とりあえず家に帰るぞ」
 ニャー! 全然信じてもらえないニャ! 嘘じゃないニャ! 漫画でもアニメでもないニャ! ホントのことニャ!
 もういいニャ! キョンなんか知らないニャ!
「って、コラ! 何処行くんだハルヒ!」


s102


908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/04/02(月) 23:54:00.11 ID:YlfN8pC00

 そうニャ! きっと有希なら信じてくれるニャ。
 本で読んだのにソックリな冒険のことについてなにか知ってるかも知れないニャ。


s103


918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/04/03(火) 22:00:00.14 ID:ezpAOc1L0

 有希ー! いるのニャ? 開けてニャー!
「……どうぞ」

 ………
 ……
 …

 ――という訳ニャ! 本に書いてあったのとほとんど一緒ニャ! 有希は信じてくれるニャ?
「信じる」
 本当ニャ? やっぱり有希は頼りになるニャ。来てよかったニャ。
「この本を読んで。以前あなたが読んだ物の続編に該当する」
 ニャ? そういえば三冊セットの一冊目しか読んでなかったニャ。


s104


932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/04/04(水) 23:20:00.03 ID:YnErbJK20

 二巻はカナリヤ島のお話ニャ。やっぱりお宝を見つけてるのニャ。
 三巻はどんなお話なのニャ?

 ………
 ……
 …

 ――大変ニャ! 有希、竜がピンチなのニャ!
「あなたの会った竜も同じ境遇に陥っていると推測される。でもこのままでは彼に助けは来ない」
 ニャ? 一体それはどういうことニャ?
「竜を『どうぶつ島』から助け出したのはエルマーではなく、あなた。でも、今はあなたはこちら側の世界にいる」
 竜はあっちであたしのことを待ってるニャ! 早く助けに行かないとマズイのニャ!


s105



936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/04/04(水) 23:49:35.17 ID:u/k3r0ji0

乙んつん


933 :記念日:2012/04/04(水) 23:26:10.54 ID:a65mlDJE0

冒険はまだまだ続くな

1 件のコメント:

  1. 「ぐう」ってなんだよ「ぐう」って
    寝だめのことか?

    返信削除